アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年10月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
    うさぎ

    個人火葬の困難化

    近年、ペットの火葬・納骨という言葉をよく聞くようになりました。一昔前までは、自宅の裏庭や、近くの公園、裏山に埋...

    Readmore
    お墓

    後悔しない見送りを

    人間の葬儀や納骨、お墓事情が変化しているのと同じく、ペットの価値というものが家族同等と考える人も増えたため、死...

    Readmore
    ハムスター

    ペットの葬儀の今後

    ペットが亡くなった時、業者に連絡すると亡骸を引き取って火葬し納骨してくれるサービスがあります。この場合は、他の...

    Readmore

後悔しない見送りを

お墓

人間の葬儀や納骨、お墓事情が変化しているのと同じく、ペットの価値というものが家族同等と考える人も増えたため、死後の葬儀や火葬、納骨に至るまでさまざまな方法があります。
ペットを飼う以上は人間よりあきらかに寿命は短いですから、見送る時がやってきます。
あわてて見送ることになり、後々、ペットロスになるのを避けるために、ある程度寿命が近づく年になったら、あるいは病気がちになったらペットの最後の時の準備をはじめます。
火葬や納骨方法も様々ですし、最近では飼い主が自分と同じお墓に入れてあげたいと希望するケースもでてきています。
ペットは自分で意思表示をすることはできませんから、飼い主が責任を持って、ペットの性格にあわせた、見送り方をしてあげることが大切です。
実際に準備をしていないと、動物病院の医師などから火葬を勧められ、バタバタと火葬場までやってきて、どんな火葬方法にするのかで迷いに迷い、締め切り時間のギリギリまで火葬できないというケースが多いものです。
あわてて見送ると、後悔の念に苛まれる人も多いですので、早めに準備しておくことが大切です。

ペットの葬儀の今後

ハムスター

ペットが亡くなった時、業者に連絡すると亡骸を引き取って火葬し納骨してくれるサービスがあります。
この場合は、他の動物と一緒の合同火葬になるため、遺骨は飼い主の手元には戻らず霊園で供養されます。
最近は、ペットが家族と同様に扱われることが多くなり、ペットの葬儀も人間の葬儀に近づく傾向にあります。
つまり、個別に火葬をして遺骨をきれいに残すことが多くなりました。
火葬に立ち会うこと、読経や骨上げをすることが可能な霊園もあります。
移動式の火葬車を利用すれば、家の近くで火葬が行われるので遺骨は手元にもどります。
遺骨は骨壷に入れて霊園に納骨する方法や、自宅で供養する方法が一般的ですが、細かく砕いて樹木のそばに散骨したり、海に散骨したりする方法も増えつつあり、自然に返す方法が今後のトレンドかもしれません。

個人火葬の困難化

うさぎ

近年、ペットの火葬・納骨という言葉をよく聞くようになりました。
一昔前までは、自宅の裏庭や、近くの公園、裏山に埋葬するのが一般的でした。
しかし、ペット=家族という考え方が一般化するのに伴い、電車や新聞の広告が増えてきました。
その理由の一つとして、ペットの遺体は法的に一般廃棄物と定義されているため、火葬して埋葬するのが好ましいとされています。
しかし、その作業をすべて個人で行うのは、火葬の際の異臭やそれを行う場所の有無などの問題が浮上し、難しくなってきています。
そこで、ペット霊園やペット納骨堂という物を利用することでこれらの問題を解決することができます。
霊園では人間と同じように個別のものと共同のものがあります。
一方納骨堂では、写真やおもちゃなどを飾ることができ、棚やコインロッカー、個室などさまざまな種類があります。
また、新しい供養として山や海への散骨、樹木葬、お花畑葬などもあります。
最愛の家族を綺麗な状態で安眠させてあげるという意味でも、元気なうちに供養の仕方を考えておくのが好ましいでしょう。

ペット納骨

ねこ

ご自宅で飼われているペットがお亡くなりになったらどうしますか?今やペットと言っても大切な家族の一員ですよね。
年配のご夫婦なんかでは、自分の子供のように可愛がっている方も増えてきております。
昔はペットが亡くなったらご自宅の庭に埋めたり、火葬場へ持って行き火葬するやり方が多かったと思います。
ですが、その方法では納骨は出来なくなってしまいます。
現在はペット火葬という方法が出てきていて、火葬から納骨まで依頼することが出来ます。
価格は安いものから、お葬式と同額するものと様々ですが、タダ安いプランよりもそれなりに価格があるプランを依頼する方が増えてきています。
ペットというよりは家族の一員なのです。
火葬の際に使用する箱や納骨に使用する箱も価格は高いものの、豪華な方がいいと絢爛豪華な物を選ぶ傾向が見られています。